• facebook
TEL 0471-28-4763

スタッフブログ

2014年9月25日

目玉焼きとタンパク変性とは? 【柏 美容室 QUALIA メンズにもおすすめ】

こんばんわ!

クオリアのヘアーアドバイザー
齊藤です(^-^)v

この間、休みの日に昼食に何食べようか
悩んだ結果。

サイゼリヤに行きました。

迷った時には間違いないですよね?!(笑)

お昼時ってのもあってか、店内大盛況。

席を案内されて、空腹だったので

すぐメニューを開くと

もうどれも美味しそうで困っちゃいます(汗)

季節限定のパスタも引かれたんですけど、
僕は「目玉焼きハンバーグ」を注文。

お肉の上に、目玉焼きをそっとのせて
フォークで口に運んで、、、

たまらないですよね!!(笑)

目玉焼き、いい仕事するやんけーー!!(;´д`)

も、もちろんハンバーグだけでも
美味しいんですよ。

た、ただ、卵がもたらす相乗効果といったら、、、

(笑)

ところで「卵」といったら「たんぱく質」
ですよね?

私たちの「髪」も「たんぱく質」でできているのをあなたはご存知ですか?

卵が熱によって目玉焼きや卵焼きになる現象

「タンパク変性」といいます。

卵と同じ、たんぱく質でできている
私たちの髪の毛も実は

「タンパク変性」してしまうことがあります。

ではその原因になるモノとは、

フライパンではなくて、、、

シャンプー

なんです。

もちろん、すべてのシャンプーではないのですが
市販の商品に最もよく使われているのが

硫酸系成分」です。

硫酸系成分は、ラウレス硫酸など名前に
硫酸」という字が入りますので、
見分けが簡単です。

※ オレフィン(C14-16)スルホン酸という成分も
硫酸系に匹敵する刺激があります。

この成分は、主に石油を原料として作られるもので、市販シャンプーの約80%以上に使われています。

よく使われる理由は単純です。

「泡立ちが良い」「原価がとても安い」

シャンプーを作る側にとっては、お金をかけずに使用感を良くすることのできる大変便利な成分というわけです。

只今、本当に頭皮と髪にいいシャンプーを
開発している僕たちにとっては、本当に残念な現実です。。

なぜ残念かというと、
安価なこれらの成分には

とても強い「タンパク変性作用

という危険な問題点があるからです。

タンパク変性作用って何

名前の通りタンパク質を破壊する働きのことです。

すすぎ残って頭皮やお肌にとどまった成分が、この作用を発揮し、頭皮細胞や髪のタンパク質を少しづつ壊していきます。

この状態が続くと、慢性的な肌荒れやニキビ、抜け毛の原因になると言われています。

毎日一回は必ずするシャンプーが
実はあなたの大切な

「髪」と「頭皮」、「お肌」までをも
傷めつけている可能性も、、、

だからこそ、安心できるシャンプーを
あなたに届けたいというのが

クオリアの想いです。

あと、シャンプー選びで
あなたにお伝えしておきたい
重要なことがあります。

もし、10年後もキレイな髪で過ごしたいと
思うのであればこちらも読んでほしいと思います。↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://s.ameblo.jp/qualia-1988/entry-11812725327.html

クオリアの更なる美髪への挑戦まで、
残り90日を切りました。

いつもQUALIAを応援して下さり、本当にありがとうございます☆

PS.鉄板の隅にいつもいる、コーンたちも
いい仕事するやんけーー!!(笑)