• facebook
TEL 0471-28-4763

スタッフブログ

2014年9月29日

正しくドライヤーを使う方法 【柏 美容室 肌に優しいヘアサロン】

from クオリア  て店内より、、、

こんばんは!
クオリアのヘアーアドバイザー 齊藤です!

前回のブログでは

「ドライヤーを使った方がいいのか?」

という質問に対して、
ドライヤーを使うメリットのお話をしました。
まだ読んでいない方はこちらも是非☆
↓↓↓↓↓↓
http://s.ameblo.jp/qualia-1988/entry-11930708567.html

では早速ドライヤーの正しい使い方いくわよ!!(笑)↓↓↓↓↓

(1)まず、シャンプーのあとはタオルドライをします。髪は決して擦らず、タオルではさんで水を押し出すようにして、髪の毛から水分を抜きます。

(2)髪の毛をかきわけて、頭皮をまず乾かして行きます。頭皮に直接風をあてるイメージです。

(3)髪にドライヤーをかけていきます。髪からドライヤーまでの距離は、15センチはキープするようにしましょう。

同じところにばかりあてないよう、ドライヤーを揺らしながら風をあてていけば、頭皮が乾燥しすぎるようなこともなくなります。

(4)髪の毛のキューティクルは、根元→毛先に向かってうろこ状のようになっていますので、ドライヤーも根元から毛先に向かってあてていきます。ドライヤーと髪の距離は、変わらず15センチキープです!

!注意!

下から(毛先の方から)風を当てると、キューティクルが開きやすくパサパサの原因になります。

(5)「ほぼ乾いてきた」と感じたら、最後に、全体を冷風で冷やしてキューティクルを引き締めましょう。

(6)最後にブラシや櫛で髪の毛を整えます。
ドライヤーで乾かしている途中にブラッシングをすると、髪の毛を傷める原因となります。ブラッシングは髪の毛が乾いたあとにおこなうことがポイントです☆

いかがでしたか?

意外と普段やっていたドライヤーの使い方、間違っていませんでしたか?

正しいドライヤーの使い方をマスターして、健康で美しい髪の毛を手に入れましょう♪

いつもブログを読んでくださり、本当にありがとうございます!!