• facebook
TEL 0471-28-4763

最新情報!!

2013年6月9日

『日用品の危険性?』

葉っぱを例えてみるとします。

 

葉の表面はツヤがあり、ワックスで覆われています。それが外からの刺激に対してバリアー効果を果たしています。
「合成界面活性剤」は葉のワックスを溶かして、バリアー効果を弱める働きがあるのです。
もしこの状況で、葉の表面に化学物質を流せば容易に侵入してしまい枯れてしまうでしょう。
このことは私たち人間の皮膚にしても、同じことなのです。

日用品に多く使われている「合成界面活性剤」の働きによって、皮膚の角質層が溶かされてしまう状況になります。
そして……
有害な化学物質が体内に入り込んでしまうことになります。

 

私たち人間の皮膚は、葉っぱの構造とよくにています。

健康でハリのある肌は水を垂らしても、盛り上がってコロコロと水滴になりますよね。 それは皮脂線から分泌された油分によって、ワックスみたいにコーティングされているからです。 この正常な油分を溶かしてしまうのが「界面活性剤」なのです。

 

ワックスみたいなこのバリアー機能は普段外からの異物の侵入をさせないようになっています。 ですが、怪我のときや病気のときは薬を皮膚から体内へ浸透させて、早く治す必要があります。 そうゆう場合に、角質層のバリアー機能を取り除き薬の効き目を有効にする目的で開発されたのが「プロピレングリコール」「ラウリル硫酸ナトリウム」などの合成界面活性剤などです。

 

これらの物質は有害な化学物質ですが、病気やけがのときは速く治すことが先決であることから、医薬品の場合は一時的に安全な範囲内で処方されているのだそうです。

軟膏ってベタベタして付けると気持ち悪いですよね?(笑) これも適量以上に薬をたくさんつけすぎないよう、わざとベタベタ感にしているのだそうです。

 

前回は医薬品にも 溶解剤の「プロピレングリコール」 合成界面活性剤の「ラウリル硫酸ナトリウム」 が使用されることがあるというお話をしました。

 

問題なのは、これらの物質が私たちが普段使っているものの中にも使われていることです。 シャンプー、リンス、入浴剤、クリーム、ローション……

使う量もその人によって違うことや、薬と違って毎日使うものですから、使えば使うほど有害な化学物質が「経皮毒」となり、すこしづつ、確実に、皮膚のバリアー機能を破壊して体の中に貯まっていってしまうことになります。 口から入った物質は、肝臓の解毒作用が働きますが、皮膚からはいった有害な物質は体外への排出はわずか10%とくらいしかないそうです。

」皮膚にもターンオーバーなど代謝機能があるのですが、

その働きは肝臓の1%も満たないのです。 本来医薬品の有効成分を体内に吸収させる為に開発された、溶解剤や合成界面活性剤なのですが、全然違う目的で私たちの身の回りのものに使われていて、

「経皮毒」の危険性があるということだけでも皆さんに知ってもらえたらと思います。

 

体の角質の厚さによって化学物質の吸収率も変わります。 当然ながら、薄い部分ほど侵入はしやすくなりますし、暑い部分は侵入しにくくなります。

 

体の部位ごとに吸収率を比較してみると、低い順に

 

腕の内側

背中

性器 といった順番です。

一番の驚きは、腕の内側を1としたときに、性器は42倍の吸収率があるということです。 経皮吸収が高いということは、ボディソープ、入浴剤、生理用品などはとくに安全性の高いものを選ぶ必要があるといえます。

また粘膜でおおわれている口のなかや肛門は角質層がないので、バリアー機能がなく粘膜吸収されやすいことになります。

座薬に即効性があるのはそのためです。 同じ粘膜である口のなかで使う歯磨き粉の成分も、残念ながら市販で売られているほとんどの歯磨き粉には有害な化学物質が配合されています。

 

なので、歯磨きの後にはしっかりと水ですすぐことをお勧めします。

 美容室 美容院 メンズ 口コミで人気のヘアサロン