• facebook
TEL 0471-28-4763

スタッフブログ, 最新情報!!

2016年10月20日

ダメージに強い髪にする方法    【柏でトリートメントがおすすめの美容室】

from クオリア店内より、、、

こんばんは!
クオリアのヘアーアドバイザー齊藤です。

この頃はびっくりするほど
冷たい風が吹き出しましたね!

暑さに油断していた身体に

かぜ菌が寄り付かないように、

熱いお風呂で温まるようにしています。

というても、昨日今日は暖かかったですが。笑

さて、

秋冬アイテムが気になるこの時期、
ヘアカラーも秋色に変えたい方も
多いのではないでしょうか?

クオリアでも秋冬カラーを

おすすめしています。

特におすすめはピンクブラウン!!

ツヤ感と、何より女性らしさが
光る色です。

気になる方は是非ご相談下さい。

新しい髪色になってルンルン♪

な時こそ、
知っておいてほしいことがあります。

それは『髪の等電点』です。

※髪の等電点とは?

髪の毛が一番強くなる
弱酸性のphバランスのことを言います。

phは聞いたことありますよね?

小さい頃、理科の授業でやったやつです!笑

あるものの性質がどのくらい
酸性かアルカリ性かを示す単位です。

髪がアルカリに傾くと、
キューティクルが開いてしまいます。

その性質を利用したのが、
一般的なカラーやパーマの薬剤なので、
髪を染めたりパーマをかけたりすると、
その薬剤が髪に残ってしまいます。

※注意※

アルカリ除去をしないで放っておくと、約1ヶ月間は髪の毛に薬剤が残ります。

クオリアではシャンプーの前に、

このアルカリ除去の施術は行っていますが、

1回だけで完全に除去するのは難しいのです。

傷まないキレイな髪を育むためには
お家でも髪を弱酸性に引き戻すための
ヘアケアをする事が大切です。

その為に「ホームエステ」を
クオリアでは無料でご提供しております。

たとえば、
酸性のレモンはph2くらい。

アルカリ性のせっけんはph7~10。

お肌は“弱酸性”なのは知っていますよね?

同じく髪も“弱酸性”です!

石鹸が髪の毛に触れると一気に
ギシギシするのはアルカリ性だからです。

アルカリに傾いたまま、
日々の生活をしていると

キューティクルが開いているので

髪の中の栄養が流れて出やすくなります。

これらの理由から

日常ダメージやカラーパーマ後
髪を守るためにも、

弱酸性のヘアケアがとても
重要になります!

髪の毛の一方でお肌には

「アルカリ中和能」という

アルカリに傾いた肌を弱酸性に
自然と戻す働きがあります。

髪にもそれがあれば良いのですが、
無いので、ちょっと手間はかかりますが
日ごろからphバランスを意識して
ヘアケアをしてあげないと
ダメージが進んでしまいます。

等電点にある髪は、
タンパク質が強く安定しているので
キューティクルがしまっていて
ダメージに強い状態と言えす。

クオリアオリジナルの
シャンプー・トリートメント

うるつや美髪伝説シリーズは

どちらも弱酸性なので、
髪を等電点に近づける効果もあります。

・切れにくく強い

・するりとまとまる

・スタイリングしやすい

これらは、健康な髪の毛の特徴。

カラーやパーマ後、

髪の違和感に気付く前に、、、

健康な髪の毛を維持するための

美髪習慣へ

あなたも一歩踏み出してみませんか?

pS.

10月より
『デトックスベッドスパ』
キャンペーン中です。

お顔のリフトアップにも効果大??

日頃頑張っているあなたに
たまには頭皮もケアしてあげませんか?

いつもクオリアを応援して頂き本当にありがとうございます!

あなたの明日が良い1日になりますように。