• facebook
TEL 0471-28-4763

柏の美容室クオリアのカットは
 
豊富な知識」×「正確な技術」×「見極める力」

 

 

をベースに日々お客様に喜んで頂けるカットを提供しております。

 

クオリアのカット 〜4つのこだわり〜

 

 ①カウンセリング

 

髪質 ・くせ ・頭の形 ・輪郭 ・ヘアースタイルの経歴などををもとにあなたのなりたいスタイルや雰囲気をお聞きし私たちとご一緒に創造していきます。

「可愛く」「大人っぽく」「爽やか」など抽象的なイメージや、具体的なイメージ、どんな要望もお聞き致します。

「自分に似合う髪型が分からない」もちろんそのようなご相談もして頂けましたら

・普段のお手入れ  ・失敗談  ・好きなお洋服  ・なりたいイメージ  ・理想の芸能人

などをお話しして、少しづつイメージを共有してゆきましょう!

 

 ②ウエットカット

 

クオリアではカットの70%が濡れている状態で切る ウエットカットで決まると考えています。

人間の髪の毛は約10万本。ドライの状態でほとんど長さ・形をカットしていくことも十分に可能ですが、持ちの良いヘアースタイルを目指すにはウエットカットの段階で

頭の形、生えグセ、ボリュームポイント、最適な量感を見極め構成していくことが大切です。

髪は水分を含むと柔らかくなりますよね?

なのでハサミで髪を切る時の抵抗が減り、カットでのダメージを最小限に抑えることにも繋がります。

 

 

 ③ドライカット

 

残りの30%は〝質感〟をコントロールしていきます。

・髪の収まり  ・毛先の表情  ・全体の重さのバランス  ・トップの動き ・シルエットのバランス(黄金比)

髪にダメージをできるだけ与えないように、最小限の手順で完成させていきます。

 

 ④仕上がり

クオリアではドライ&ブローの際に無理にブラシで髪を引っぱり、クセを伸ばしたりしません。

できるだけハンドブローでセットしていきます。

「家でセットがうまくいかない」「セットの仕方が分からない」というお客様のお声をよくお聞きするからです。

お客様の目線に立って私たちも考えさせて下さい!

 

柏の美容室クオリアのカット 〜2つのヒミツ〜

 

 

私たちはカットを初めて教わるときに、

 

『まっすぐ引き出せ』『45°の角度で』『頭皮に対して垂直に』

などと徹底的に教えられます。

 

とにかくまっすぐ、まっすぐ、まっすぐ・・・

 

 

もちろん基本は大切です。

しかし頭の中で考えると疑問が・・・

 

 

だって頭の形は丸い(球体)ですよね?

これは唯一誰しもが同じことだと思います。

 

ここで1つめのヒミツ

 

【丸い頭に直線的なカットは合わない】

 

『曲線を描くカットができたら、もっと頭の形に合ったスタイルが作れる!』
クオリアのカットはすべて曲線を描きながら、あなたの頭の形に合わせてお作りしています。

 

あなたの頭の形を理解した上で、曲線的にヘアスタイルを作ると

 

一人一人の頭の形に合ったスタイルが作れる

 

自然なボリューム感が出る

 

えりの収まりがよくなる

 

伸びてもスタイルの持ちがいい

 

最小限の毛量調節で毛先がまとまる

 

逆にこんな悩みを抱えている方

 

・後頭部のボリュームがすぐぺたんとなってしまう

 

・えり、サイドの髪がはねてしまう

 

・髪の量を減らしたくて梳くが、毛先がバサバサ

 

・指通りが悪い、毛先がまとまらない

 

もしかすると、あなたの頭の形に合っていない直線的なヘアースタイルかもしれません。

 

 

そして2つめのヒミツ

 

再び基本を教わる時の話ですが

 

『テンションをかけろ(強く張るなどの意味)』『パネルをもっとちゃんと引き出せ』ブローの際には『根元をしっかり伸ばせ』

などと教わります。

 

はっきり言います。
『カットやブローに力は必要ない』

 

 

なぜなら、無駄な力を加えてしまうと次のような問題が起こります

 

・直線的なカットラインになり持ちが悪くなってしまう

 

・頭皮と髪はひっぱると伸びる為、力を加えると生え癖や髪のくせをかえって際立たせてしまう

 

・せっかくの生かせるクセも殺してしまう

 

・スタイリング剤をつけないと、髪が動かない

 

・美容室ではうまくきまるが、家でのセットがうまくいかない

 

クオリアはむしろ逆の

 

『髪にゆとりを作りながらのカット』

 

 

皆さんも一本の長いゴムを創造してみて下さい。

 

ぴんと引っ張ると一直線にしか動かない

 

引っ張らずにゆとりがあれば、曲がり、形が作れますよね?

 

 

髪も同じだと思います。

私たちはカットの時にコームを落としてしまう事がよくあるのですが、それは余分な力を頭皮と髪に加えたくないからです。

 

水の力を借りて、髪を豊潤させ、コームとハサミで力を加えず形を作っていく。

 

 

水に濡れたらどんな風にまとまるか

 

風が吹いたら綺麗になびくような

 

太陽の光を浴び一本一本が輝くような

 

一緒にそんな素敵なヘアースタイルを創っていけると信じて

 

 

お客様の本当に喜ぶお顔が見たくて

 

何千、何万の練習をしてきました。

 

 

お客様の「ありがとう」という温かい一言で

 

私たちの「自信」は

 

「誇り」へと変わります