• facebook
TEL 0471-28-4763

ジメチコンやパラベンが配合された製品で、本当に髪が補修・保護させることは可能なのか?

 

美容室や市販のトリートメント類の多くには、

使用後に髪のツルツル感やしっとり感を出す成分として「ジメチコン」が含まれています。

 

「ジメチコン」とは?

 

石油を原料とするシリコンオイルの一種。油の膜をつくりやすく、水をはじきやすく、水に溶けにくいという性質があります。

 

トリートメントの主成分は水です。

 

その中にジメチコンを溶かし込むために→多量の石油系界面活性剤が使われます。

 

また機能の持続や品質劣化の防止を目的として、防腐剤が添加されています。

 

 

皆さんも耳にしたことがあるものとしては,パラベンという物質があります。パラベンも石油由来の合成原料から作られており、私たちの体に有害な影響を及ぼす環境ホルモンとされています。

 

髪の主成分は 「ケラチン」というタンパク質です。

 

そしてこの「ケラチン」は18種類の「アミノ酸」から成り立っているのです。

 

ちなみに体のタンパク質もさまざまな「アミノ酸」が組み合わさってできているのです。

 

 

つまり アミノ酸は私たち生命の源といっても過言ではありません!

 

 

ここで少し髪の毛の構造についてのお話しをします。髪の毛は例えると、「海苔巻き」のような3層の構造をしています。(具・ご飯・海苔)↓

きゅうり

髪の表面を覆っている部分がキューティクル→これは海苔巻きの海苔にあたります。

 

中心にはメデュラという芯状のものが通っています→海苔巻きで言えば具(きゅうり)の部分です。

 

メデュラとキューティクルの間には毛髪の大部分(85~90%)を占めるコルテックスという部分があります→海苔巻きのご飯にあたるところ

 

 

ダメージを受けてしまっている髪の毛は栄養が外に流出して、コルテックスに空洞化が生じてしまっています。このようなダメージヘアでは、毛髪の外側だけでなく内側にも作用して、コルテックスを改善するトリートメントが必要です

 

 

髪の健康や損傷を語る場合、毛髪の外側にあるキューティクルだけがメディアでは取り上げられることが、多いように見受けられます。

 

 

では、本来のトリートメントとは 、髪のどこを補修するのでしょうか?

 

ここまで読んでいただけたアナタならもうお分かりになっていると思います。

 

大切なのは髪の内側を補修することです!
どうやって内側を補修するの?

 

アミノ酸は〔酸性アミノ酸〕 〔中性アミノ酸〕 〔塩基性アミノ酸〕の3タイプに分けられます

 

 

酸性・中性・塩基性のアミノ酸を髪に塗布することにより、毛髪内部に浸透させて、タンパク質の元となるアミノ酸同士で密着反応をさせます

 

 

これが【うるつや生トリートメント】です

 

アミノ酸はタンパク質の元となる低分子の物質であるため、毛髪内部への浸透させる点でも効果は抜群に良いです

 

トリートメント成分を髪の内部まで浸透させる!

というトリートメントが従来からありますが、入ったとして、それらはダメージを受けた髪の内部に留まっていられるのでしょうか?

 

 

 

答えはNOです。

 

【うるつや生トリートメント】では、

 

◎髪の内部へ浸透させて、さらにアミノ酸同士で密着・定着させる」

 

◎したがって、洗い流しても中に留まりやすく流出しずらい」

 

◎タンパク質が定着・変成する性質を利用して髪にハリ、コシ、ツヤを生み出す」

 

その結果、内部まで損傷したダメージヘアも、「天使の輪」を持つ美しい髪に輝くことが可能となります。

 

※アミノ酸を贅沢に配合したホームケア用のシャンプー・トリートメントもご用意しております。

環境にも人体にも優しく、ダメージの進行をおさえながら髪の内部補修まで行いアナタの輝いた髪の美しさと健康を毎日守ります。

 

 

最後に

 

髪の表面だけをケアしても、内部から感じる本物の『うるおい』は手に入りません

 

今まで美容室で受けてきたトリートメントに

 

不満や疑問をお感じのあなたに・・・

 

この【密着アミノ酸トリートメント】をお試しいただけたらと思います。

 

髪が内側から補修されて、自然なハリ、コシ、ツヤを取り戻したという実感を

 

きっと実感いただけることと、クオリアは自信を持ってお勧めします